ストリートミュージアム®利用規約

第 1 条(規約の適用)

本規約は、TOPPAN株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する『ストリートミュージアム』に関するすべてのサービスを利用するユーザ(以下「ユーザ」といいます。)の利用条件および当社とユーザ間の権利義務関係について定めています。
ユーザは、本規約の内容を全て承諾し、誠実に遵守することを条件として、本サービスを利用することができるものとします。

第 2 条(用語の定義)

本規約で使用される用語の定義は以下の通りとします。

(1)「本サービス」:ストリートミュージアムと称する本コンテンツ配信サービス。

(2)「本アプリ」:本サービス提供用の本端末のアプリ。

(3)「本端末」:スマートフォンおよびタブレット端末。

(4)「本コンテンツ」:本サービス上で配信されるVRコンテンツおよび音声、画像、映像、プログラム、文字、文章その他一切の情報。

(5)「第三者」:ユーザおよび当社以外の者(他のユーザを含む)。

第 3 条(本規約の変更)

1.当社は、以下の条件のいずれかを満たす場合に、当社の裁量により、本規約を随時変更することができるものとします。

(1)本規約の変更が、ユーザの一般の利益に適合するものと当社が判断したとき

(2)本規約の変更が、本規約の目的、変更の必要性、変更後の内容の相当性等の事情に照らして合理的なものであると当社が判断したとき

2.当社が本規約を変更する場合には、変更後の本規約の内容を本アプリ画面上にて通知するものとし、当該通知の際に当社が定める1ヶ月以上の相当な期間を経過した日から、変更後の本規約が適用されるものとします。

3.本規約の変更後において、ユーザが継続して本サービスを利用した場合には、変更後の本規約にユーザが同意したものとみなされます。

第 4 条(道路交通法に関する同意事項)

ユーザは、以下各号に同意するものとします。

(1)自動車、オートバイ、自転車等の運転中または歩行中に本端末を操作または注視して本サービスを利用しないこと。

(2)交通事故を招くおそれのある態様、道路交通法に違反する態様で本サービスを利用しないこと。

(3)本サービスを利用する場合には、必ず安全な場所に停車してまたは立ち止まって行うこと。

第 5 条(個人情報およびデータの取扱い)

1.当社は、本サービスのプライバシーポリシーに従い、ユーザの個人情報を適切に取り扱います。

2.当社は、本サービスを提供するうえで当社が知り得る統計データ(ユーザによる本サービスの利用状況、画面・項目毎の利用頻度などをいい、個人情報は含みません。以下「統計データ」といいます)を、
本サービスの改善向上、広告宣伝、販売促進および事業開発のために利用する場合があります。ユーザは、当社による当該利用につき、あらかじめ承諾するものとします。

3.当社は、統計データを、本サービスの改善向上、広告宣伝、販売促進および事業開発のために第三者へ開示する場合があります。

第 6 条(位置情報に関する注意事項)

本サービスのうち、本端末の位置情報を必要とするサービスについては、本端末の使用環境、性能もしくは設定、GPS 衛星の状態または気象状況などにより本端末の位置・方角が正しく表示されない場合または利用できない場合があるため、
当社は、本サービスの提供において、位置・方角情報の精度に起因する情報内容の正確性について一切保証しないものとします。

第 7 条(知的財産権)

1.本サービスに関する一切の権利(所有権、著作権、商標権、意匠権、特許権およびその他の知的財産権、肖像権、パブリシティ権を含みますがこれらに限られません)は、当社または当該権利を有する第三者に帰属するものとし、
ユーザは、知的財産権その他の権利を取得するものではないことを承諾します。

2.当社は、本規約に別段の定めのある場合を除き、前項の権利に関する利用もしくは実施の権利を、ユーザに許諾するものでありません。

3.前項の規定にかかわらず、ユーザは、本サービスによって配信される本コンテンツについて次の各号の行為を行うことができます。ただし、いかなる場合であっても、当社の事前の承諾なく本コンテンツを商用利用することは禁止します。

(1)本端末のスクリーンショット機能または本サービスの撮影機能を使用して撮影した画像(動画、音声等を除く)を本端末などの機器に保存すること。

(2)前号により保存した画像を、ユーザ自身がアカウントを有するソーシャルネットワークサービス およびブログ等にアップロードすること。

(3)前二号のほか著作権法に定める私的使用目的の範囲内で本コンテンツを利用すること。

4.前項の規定にかかわらず、本サービスにおいて当社が利用する動画共有サービスその他第 三者が提供するサービスについては、当該第三者が定める規約等に準ずるものとします。
なお、第三者が提供するサービスについては、当社は一切その内容について保証しないものとします。

第 8 条(広告)

1.ユーザは、本サービスにおいて当社がユーザに配信する本コンテンツに広告(バナーやリンクを含みます)が挿入・表示されることがあることについて予め承諾しているものとします。

2.当社は、当該広告の内容、表示方法、商品等について一切関与していないものとし、当該広告により生じた損害(課金、物品の購入等を含みますがこれらに限りません。)について一切責任を負いません。

第 9 条(禁止事項)

1.ユーザは、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行ってはならないものとします。

(1)本サービスにより利用しうる情報を改ざんする行為

(2)他のユーザになりすまして本サービスを利用する行為

(3)有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為

(4)本サービスの改変、改竄、複製、リバースエンジニアリング等の行為

(5)当社または第三者の著作権その他の知的財産権(複製、転記、加工、改変、翻案、送信またはその他の方法により利用する行為を含む)を侵害する行為

(6)当社に事前の許諾を得ることなく、有償無償を問わず、本コンテンツを第三者に対し譲渡、販売、賃貸、再許諾する行為

(7)当社または第三者を誹謗し、中傷しまたは名誉を傷つけるような行為

(8)当社または第三者の財産、プライバシーを侵害しまたは侵害する行為

(9)本人の同意を得ることなくまたは詐欺的な手段により当社または第三者の個人情報を収集する行為

(10)本サービスの利用または提供を妨げる行為

(11)公序良俗に反する内容の情報、文書、図形等を他人に公開する行為

(12)金券、個人情報等のデータを入力する行為

(13)第三者に本サービスを利用させる行為

(14)その他法令または本規約に違反する行為

(15)その他前各号に該当するおそれのある行為またはこれに類する行為

(16)その他当社が不適切と判断する行為

2.当社は、ユーザが前項各号に該当する行為を行っていると判断した場合には 、当該ユーザに対して、事前の通知を要することなく、本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。

3.ユーザは、第1項各号に該当する行為を行った場合もしくは本規約の全部または一部に違反し当社に損害を与えた場合には、その損害を賠償するものとします。

4.ユーザによる本サービスの利用に関して、ユーザの責に帰すべき事由により当社と第三者との間で紛争等が生じた場合には、ユーザは当社を免責するものとし、ユーザ自らの責任と費用負担において当該紛争等を解決するものとします。

第 10 条(ユーザの義務)

1.ユーザは、ユーザ自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

2.ユーザは、ユーザが本規約に違反していると当社が判断した場合において、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じた場合には、当該措置に従うものとします。ただし、当社は、ユーザのかかる違反を防止または是正する義務を負いません。

3.ユーザは、本サービスを利用するにあたり、必要な情報通信機器、オペレーションシステム、通信手段および電力などを、ユーザの費用と責任で用意しなければなりません。

4.ユーザは、本サービスに関して他のユーザその他の第三者との間で紛争またはトラブルが生じた場合には、当事者間の責任において解決する義務を負うものとし、当社に対し一切の請求をしないものとします。

5.ユーザは、本サービスに関して他のユーザその他の第三者に損害を与えた場合には、自己の費用と責任においてかかる損害を賠償する義務を負うものとし、当社には一切の損害または影響等を与えないものとします。

6.ユーザは、ユーザが本規約に違反したことに起因して(当社が当該違反を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます)、当社が直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます)を被った場合には、当社の請求に従って直ちに一切の損害を賠償する義務を負うものとします。

第 11 条(本サービスの一時中断)

当社は、次の各号の何れかに該当する場合には、ユーザへの事前の通知を要することなく、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。

(1)本サービスで利用するインフラ、システム、通信回線等の故障、障害等による緊急点検または定期保守を行う場合

(2)本サービスを提供し続けることで当社、ユーザまたは第三者に損害が発生し、または損害が拡大する可能性のある場合

(3)天災地変等の不可抗力により本サービスの提供ができない場合

(4)その他、運用上または技術上の理由で必要であると当社が判断した場合

第 12 条(本サービスの変更、廃止)

1.当社は、当社の裁量により、ユーザへの通知を要することなく、本サービスの内容を変更し、または本サービスの全部または一部の提供を廃止することができます。

2.前項の規定にかかわらず、本規約に別段の定めがある場合を除き、当社は、当社が重要と判断する本サービスの変更を行い、または本サービスの全ての提供を廃止する場合、ユーザに対し当該変更日もしくは廃止日より1ヶ月前までに当該内容を本アプリ画面上にて通知するものとします。
ただし、天災地変、法令の改正等当社の責に帰さない事由による場合で緊急性を要すると当社が判断するときには、事前に当該内容を本アプリ画面上にて通知することで変更または廃止することができるものとします。

第 13 条(保証の否認および免責)

1.当社は、本サービスがユーザの利用目的に適合すること、ユーザの期待する機能、商品的価値、正確性、速報性、適法性、有用性および完全性を有すること並びに本サービスに不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

2.当社は、以下の事由によりユーザに発生した損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因の如何を問わず、賠償の責任を負わないものとします。ただし、当社の故意または重過失による場合はこの限りではありません。

(1)天災地変、騒乱、暴動等の不可抗力による損害

(2)当社が第三者から導入しているコンピュータウイルス対策ソフトについて当該第三者からウイルスパターン、ウイルス定義ファイル等を提供されていない種類のコンピュータウイルスによる本サービスの感染

(3)善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない本サービスへの第三者による不正アクセスまたはアタック、通信経路上での傍受に起因する損害

(4)ユーザが使用する機器、ソフトウェア等ユーザの使用環境等に起因する損害

(5)本アプリにおいて、機能の中断、システムのエラー・バグ・不具合等に起因する損害

(6)本規約の変更に関連して発生した損害

(7)本サービスの遅滞、変更、中断、中止、廃止、および本サービスを通じて提供される情報等の消失その他本サービスに関連して発生した損害

(8)本サービスの利用に関連してユーザに発生した身体的・財産的損害

(9)電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合に起因する損害

(10)刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令または法令に基づく強制的な処分

(11)その他当社の責に帰すことができない事由

3.当社は、ユーザその他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当社がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。

4.前各項の定めは、当社に故意もしくは重過失が存する場合またはユーザが消費者契約法上の消費者に該当する場合には適用しません。

第 14 条(損害賠償の制限)

債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因の如何を問わず、本サービスに関して当社がユーザに対して負う損害賠償責任の範囲は、当社の故意または重過失を直接の原因としてユーザに現実に発生した通常の損害のみに限定され、
当該損害賠償の額はユーザが当社に当該損害発生月に支払った本サービスに関する対価(対価の支払いがない場合は500円)を超えないものとします。
なお、当社は、当社の責に帰することのできない事由から生じた損害、予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、本規約に定める当社の免責に該当する場合については、賠償責任を負いません。

第 15 条(譲渡禁止)

ユーザは、事前の当社の書面による承諾がない限り、本規約上の地位または本規約に基づく権利若しくは義務の全部または一部につき、第三者に対して、譲渡、移転、担保設定その他の処分をしてはならないものとします。

第 16 条(準拠法および裁判管轄)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約および本サービスに関する一切の紛争は東京地方裁判所 を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第 17 条(分離条項)

1.本規約のいずれかの規定が執行不能であると判断された場合、残りの規定は可能な限り完全に執行されることとし、執行不能の規定は、本規約の規定の意図に最も近い態様での執行を可能にするのに必要な、限定された範囲で修正されたものとみなします。

2.本規約のいずれかの条項またはその一部が、他のユーザとの関係で無効または執行不能と判断された場合であっても、ユーザとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします

第 18 条(言語)

本規約が英語またはその他の言語で記載される場合において当該言語の解釈に疑義が生じたときは、日本語版の本規約が優先するものとします。

                                                             以上

2016年9月21日 施行

2020年3月31日 改定

2023年11月1日 改定