津和野城

イメージ:津和野城

所在地
島根県鹿足郡津和野町後田

津和野城は、高い山の頂に築かれた日本一の山城です。

今では石垣しか残っていませんが、
江戸時代前期の津和野城は、驚くほど壮麗でした。

石垣は高く険しく、そそり立っています。
その石垣の上には、三重の天守、二基の三重櫓、
長大な多門櫓、厳重な櫓門などが、ぎっしりと建て連ねられていました。

まるで、姫路城のような大城郭を、
高い山の上に凝縮して造ったような、気高い姿でした。

津和野城から城下町をはさんで反対側にそびえ立つ丸い山は、
国の天然記念物および名勝である青野山です。
青野山の山裾には棚田が現在も残されており、
津和野藩の家老であった多胡主水が進めた
開墾によって造られたことから
「主水畑」と呼ばれています。

TOP