尼崎城

イメージ:尼崎城

所在地
兵庫県尼崎市

大坂夏の陣後、豊臣家を滅ぼした江戸幕府は、大坂を西国支配の拠点とするため、大坂の西の守りとして、元和3年(1617)譜代大名戸田氏鉄を5万石の尼崎藩主に任ずるとともに、尼崎城の築城を命じました。
翌4年から築造が始まった尼崎城は、現在の北城内・南城内の地に、数年の歳月を掛けて築かれました。城は庄下川を西の外堀とする甲子園球場の約3.5倍の面積を持ち、3重の堀や4層の天守を備えた堂々とした城構えでした。江戸幕府が、一国一城令により各地の城を破却する一方で、尼崎城を敢えて造らせたことから、尼崎城築城が幕府にとっていかに重要で、特別な意味をもっていたかがうかがえます。
尼崎城には戸田・青山・松平氏と代々譜代大名が配置され、明治6年(1873)に廃城が決まるまで、尼崎藩政の中心として、また城下町尼崎のシンボルとして威容を誇りました。

TOP